FC2ブログ

HanahanD *Hand knit weather* うめさんアイコン blog2

シンプルで華やかな手編み雑貨『はなはんど』の、製作と日々の記録
Welcome
----------------------
日常の生活に溶け込める、生活の一部になれるような作品を目指して日々制作。気兼ねなく使って頂けるように、使いやすくてお手入れが簡単な素材を厳選しています。手触りや質感等の素材はもちろん、色にもこだわりを持っています。ナチュラルでぬくもりのあるパステルカラーをベースに、飽きのこないシンプルなデザインが特徴です。
又、リピーターのお客様がたくさん居てくださり、「優しい気持ちになれる」「元気が出る」等、たくさんのお声を励みに日々活動させて頂いています。

MENU

ちょっとしたおしらせ

シンプルで華やかな手編み雑貨 HanahanD
ニット作家のhanaです。


今日はちょっとおしらせがありまして…。
実は、20年程持病を持っていたhanaなのですが、
2年程前から本格的な治療を初め、最近やっと発作が少しずつ減って、1日に3回程出ていた発作も1週間に数回程度に減っています。

実生活年は、不眠症で2日寝られず、3日目に睡眠薬で無理やり寝るよというような生活をしているのですが、
子供の習い事の送り迎えや、毎晩の夕食は作れるようになってきました。

それが、8月中旬辺りから発作(フラッシュバッグ、過呼吸、体のコントロールがkかないなど)が頻繁に出るようになり、明らか今までととは違う発作に変化します。私として、過呼吸と同じように、発作に体が慣れてしまってきているのかなという印象。
以前は頓服を述べば発作は治っていて、副作用として軽い眠化はあったのですが。。。
薬さえ持ち歩いて飲んでいれば大丈夫という自信はあったんです、


以前、[ Re:zero ] の記事でも少し書きましたが、最近の発作は、薬が全然効かず、全身が痺れて意識が朦朧とするようは状態になっています。
もちろんフィットピットも手放す事なく、脈の乱れや不整脈も管理していましたし、座った状態で急に200超えの脈拍数になれば都度対応もしていました。そして、体重もこれ今異常に落ちないように管理もしていました。おかげで、もうすぐで40キロです(。-_-。)


前回倒れた時は、多少意識があり、目の前の薬に手が届かなくて、息もできなく、昔と違ってボタンの無いスマホ操作はやとという感じでした。LINEもメールも打てる状態でははく着信記録の一番上「おとん」に電話をかけるのが精一杯。そのなかで、電話で夫を起こして薬を飲ませて欲しいいう思考回路があった事、父がなかなか起きてくれなかった主人を起こしてくれたのが幸いでした。その後は、夫に抱き抱えられて体をおこしてもらい、薬を呑ませてもらった後に安定したんです。

それが1度目の大きな発作。
涙目で、息もまともにできず、全身に力が入らない状態で・目の前にある薬を呑ませて欲しいとう訴える私の姿は、きっと主人には恐怖だったと思います。あまりの苦しさにと悔しさ、酒気なさ。話すこともできず、勝手に出てくる涙を拭うこともでできませんでした。


そして先日の日曜日。
夜は私の部屋を観に来るのが日課になったのか、音はその日も私の状態を確認しにきたようです。
そして、まさかの無反応。


先週は学校や子供たちの行事も多く、3日連続で出歩く事もあり、
普段引盛りの私が連続して外に出るのはかなりの負担とプレッシャーになってしまったようです。
1度美容院へ行くと3日寝込むレベルなのでw

という事で、同じ部屋にいるはずの夫声がすごく遠く感じると思っていた瞬間、
耳の側でバカでかい声の男性たちに抱き抱えられて、
人生で初めて救急車に乗る事になりました。
目開けて!って怒鳴られていた記憶と、救急車の中がやたらと眩しかった事だけ覚えています。


ここがどこなのか、さっきのおっさんと今目の前にいる医者と思われる人が一体誰なのか。
その判断すらつかないまま、よくわからない質問が終わり、1人で歩けなかったことだけ覚えています。

最近、階段からよく落ちたり、部屋で何も無いところで転んだり、お店であっても座り込んだりすることが多かったのと、めまいが酷かったことだけっ自覚していましたが・・・。救急車で運ばれることは予想害でした。



前置きが長くなてしまったのですが、ここからが本題。
急遽運ばれ病院で、できれば今すぐ入院するようにと言われました。
ただ、私の場合は通院している病院に入院施設もあり、何より主治医がいる事で、その場での入院は免れました。

念のためと、救急車病院から予約をとられ、月曜に再発受診したものの、担当医が不在だったため、
本来の予約通り2日に再度病院へ行ってきます。
救急では箱がばれた時点で、病床の空きがないと断られているので、多分入院はしなくて済むかなと♪

2日の受診でそのまま入院ということは多分ないと思いますし、
状況次第では入院も必要になるのかもしれません。

Hanaが一番書きたくない事ではあるのですが。。。。
もし入院が必要になると、HanahanDギャラリーをお休みしなっければいいけなくなります。
できるだけ、嘘でも元気なふりをして挑もうと思います(ノ´▽`*)b☆

日曜の救急搬送がきっかけで、
夫は次の受診で目を離さないようにと言われてしまいました。
現在、私の仕事部屋側で寝てくれています。
ただ。。。いびきがうるさくて私は寝られないのですが。。。、
ありがたいです。


たとえHanahanDが一時的にお休みなったとしても、hanaは編み物はやめません。
ネットショップもやめませn。
待ってくれている人がいる。

社会と直接繋がる事が苦手な私ですが、HanahanDを通じて、とにかくたくさんの人との出会いがあります。ファンとして応援してくれている方、ブログや更新しを見る度連絡や感想をくれる方。貴重なたくさんの意見をくださるかたに加え毎日チャラリーをチェックしてご購入してくださるお客様方がこんなにたくさん居てくださる事実。

入院が本当に必要なのかどうか、病院の判断はどうなのか。
実際に、2年間入院を拒否してきた私ではありますが、今回ばかりは主人も入院に賛成してしまっています。



なので、今後の状況がはっきりしない今の段階で、いくつかの心構えを記載しておきます。
ありがたいことに、キーとーどつきのアイパッドがここにあります。
スマホはちょっっと壊れかけ疑惑があるのですが、カメラ十分使えます
いうまでもなく、アイフォントiPadは同期ずみ

土日に退院してさせてもらえるかどうかも定かではないのですが、
発送お急ぎでない限っては発送が可能です。ただし、入院するとなると3ヶ月ほどの猶予が必要と思わます。

本来なら、発送は2日以内の設定にしているんですが、
待っていただける型にのみ、お手続き後の発送をまっていただくこと、お取り置きをすることを親即します。

また、今はまだ秋物を更新する時期ではあるのですが、備えあれば憂いなし!という事で、私が今できる事。
少しずつ用意している秋っものに加え、ウール作品の更新も早々にしていく予定です。

写真は、今までのよう撮影機材を持ち込むとは不可能。むしろ、ハサミなども多分持ち込み禁止だと思います。
今迄長い間たくさんの薬がを試しましたが、効かないというか副作用がとにかくきついので、私もどこまでできるのかはわかりません。病院の規制もある事でしょう。

ただ、それでも私は今できる事を今やる。それ近い未来だとしてもやります。
復帰まで時間がかかるかもしれないですし、写真なんで病室になるかもしレません。
しかも、購入後到着にどれだかの直を費やすのかも判らない負担を与えてしまうことにもなります。

頑張ります なんて、本当に無意味な言葉でしかないいと思うのですが、私は諦めず、どんな状況でも編み物を続けます!!

気長な結果になるかもしれませんし、この記事したいがなんだったんだってことになるかもしれませんが、
その時できることを必死でして行きますので、気長にこれからもどうぞよろしくお願いしますいたします。

HanahanDの作品は、HanahanD オンラインショップでご購入が可能です。

安定しない時期ではありますので、ご購入はお早めにお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。