FC2ブログ

HanahanD *Hand knit weather* うめさんアイコン blog2

シンプルで華やかな手編み雑貨『はなはんど』の、製作と日々の記録
Welcome
----------------------
日常の生活に溶け込める、生活の一部になれるような作品を目指して日々制作。気兼ねなく使って頂けるように、使いやすくてお手入れが簡単な素材を厳選しています。手触りや質感等の素材はもちろん、色にもこだわりを持っています。ナチュラルでぬくもりのあるパステルカラーをベースに、飽きのこないシンプルなデザインが特徴です。
又、リピーターのお客様がたくさん居てくださり、「優しい気持ちになれる」「元気が出る」等、たくさんのお声を励みに日々活動させて頂いています。

MENU

衝撃の朝 本番は泣きながら・・・ ショパン:バラード1番

シンプルで華やかな手編み雑貨 HanahanD
ニット作家のhanaです。


今日はピアノのお部屋。
幼少期からピアノを始め、弾けなくて悔しくて泣きながら弾く事は数知れず。
大人になっても泣かされて帰宅していた記憶があります。

ただ、本番の舞台で泣き崩れながら弾いたのは、
きっと、後にも先もないと思います。


当時2人目、長女を妊娠中でした。
8か月だったので、お腹もポッコリしているのが分かると思います。

曲は、大好きな憧れの 『ショパンのバラード第1番』 。
『この曲が弾けたらピアノをやめてもいい』 なんて思いながら10年。
やっと舞台で弾けました。


ショパンは音楽の詩人と呼ばれる人物で、この曲には背景になった物語があります。

戦争で勝った国の王様が、敵国の王子をさらって育てます。
さらわれた王子は大人になり、自分をさらった国の王様を倒そうとしたのですが、
最終的に殺されてしまうというお話。



本番当日の早朝、親から1本の電話。
祖父が亡くなったと。退院の予定だったのに。

私は言うまでもなく舞台でピアノを弾くなんて考えられなかったのですが、
私の順番は、3部構成の一番最後。

寝起きのまま、ひとまず服だけを持って実家へ向かったのですが、
『しっかりしろ!』と言わんばかりに、美容師の姉が髪をセットしてくれました。

「舞台に穴をあけてはいけない。今日は特にする事もないから、弾いてきなさい」
と、集まった家族や親族に押されるようなかたちでホールに向かいました。
自分の演奏をするためだけに…。



曲の裏にあるエピソード。そして長く一緒に住んだ家族の死。
演奏には集中できず、その2つが頭の中をグルグルと駆け巡り、
曲が進むに連れて泣くのを必死でこらえる。

『理性をいつも保って演奏しなさい』 『歌おうと思わなくても、あなたは歌えるから大丈夫』
そんな言葉を頂いていましたが、この時ばかりは理性皆無でした。

ただただ悲しくて…。
何でこんな服装でこんな場所にいるんだろうかと。
泣き叫んで、途中で投げ出したくなりましたが、どうにか最後まで弾きました。

ボロボロの演奏です。


練習で、本番のずいぶん後に撮った動画がこちら。
どっちみちミスの多い演奏ですが、泣き崩れて舞台で弾いた演奏よりは…マシかな。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hanahand.jp/tb.php/1306-d3a0381a
該当の記事は見つかりませんでした。