FC2ブログ

HanahanD *Hand knit weather* うめさんアイコン blog2

シンプルで華やかな手編み雑貨『はなはんど』の、製作と日々の記録
Welcome
----------------------
日常の生活に溶け込める、生活の一部になれるような作品を目指して日々制作。気兼ねなく使って頂けるように、使いやすくてお手入れが簡単な素材を厳選しています。手触りや質感等の素材はもちろん、色にもこだわりを持っています。ナチュラルでぬくもりのあるパステルカラーをベースに、飽きのこないシンプルなデザインが特徴です。
又、リピーターのお客様がたくさん居てくださり、「優しい気持ちになれる」「元気が出る」等、たくさんのお声を励みに日々活動させて頂いています。

MENU

新年のご挨拶 番外編

シンプルで華やかな手編み雑貨 HanahanD
ニット作家のhanaです。


昨年も、たくさんのご注文ありがとうございました。
毎日ポストへ通う事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。


タイトルにありますが、新年のご挨拶の前に番外編を書かせて頂きました。
1年間の個人記録。長文です。


丁度1年程前から闘病生活を送っています。
と言っても、生死に関わる病気ではありませんのでご安心ください^^

お気づきの方もおられると思いますが、今まで1日1点は作品を更新してきました。
それができなくなり、ギャラリーだけでなく、ブログやインスタも1週間以上更新できない時があったり、レビューのコメントが遅くなってしまったり…。

心に体がついて行けないもどかしさ。
編みたいのに編めない。写真を撮りたいのに撮れない。文章が書けない…。

私の仕事は全て1人で行っている為、自分次第なのです。
発送やオーダーメイド以外は自己責任であり、マイペースでも構わない。
(糸の在庫がある場合、再販やサイズ変更、色の変更のみ承っています)

ただ、次の作品を楽しみに待ってくれているお客様がたくさん居てくださって、
メッセージを頂く事もたくさんあって。
それに応えられず、動けずにいる自分がここに居て…。

ありがたい事に、更新ができていない現状にも関わらず、
今年も毎日注文が途切れる事なく活動できた事に感謝です。
注文を頂く事、喜んで頂ける事、実際に手にとった時のご感想やご意見を頂ける事はもちろんですが、病気の面から見て、『発送の準備をする→発送の為に外に出る→家に籠りきりにならずに過ごせた』事も、とてもありがたいと感じました。



医大への受診を勧められ、入院が必要だと宣告され、担当医が変わったのと同時に病院を変え、
やっと良い先生に出会えたのが11月。
20年前に発病し、自分では治ったと思っていた病気。
その後、色んな症状が出る度に、薬のみ処方してくれる近くの個人病院に通っていましたが、
現在の主治医曰く、『繋ぎ繋ぎ、どうにかやってきた』
『いつ再発してもおかしくない状態で、よく20年も耐えてきた』 のが現状のようです。

痛みや辛さ、しんどさや苦しさ、疲れなど、とにかく鈍い私。
そして、色んな症状が入れ替わり立ち代わり訪れていても、
『そういうもんだ…』と思っていました(;^ω^)

気付いた時には入院宣告(笑)
体重が10キロ減り、血液検査で血液が出ない(笑)
最終、栄養失調の診断まで出ていました(;^_^A
ほんと、鈍いんでしょうね…。

医大では、今まで個人病院で処方してもらっていた薬の増量に加えて他の薬が追加され、
副作用で、数か月間 『起きられない』 という状態になっていました。
起きる時は、睡眠時の発作、トイレ、喉の渇き。
それ以外は、やっとの思いでお布団から出ても、数歩先のソファーに寄り掛かって寝るのがやっと。
1日3時間程起きているかどうか…。という状態が数か月。

子供たちの学校行事等は欠かさずに行きましたが、『疲れてまた数日寝たまま動けない』の繰り返し。
現在も、食品売り場へ行くだけで疲れ果て、帰宅してご飯も作れずという状態です。
1日外出すると3日寝込む。今もそんな日々。体力もかなり低下してしまったようです。
なので、絶対にやらなきゃいけない事、『発送』が、
『寝込んだまま何もできず引きこもりっぱなし』 という最悪の状態を回避させてくれている事に、とても感謝しています。

現在、朝はある程度起きて動けるようになりましたが、6時間が限度。
体調や疲れ(普通なら疲れにも入らないような内容)によって薬の副作用が強く出る日もあれば、
発作が多く出る為に頓服を飲まなければらなず、頓服で更に眠気が増す事もあります。
他にも、仕事に重要なのですが、副作用で手が震えたり、集中力が低下したり、倦怠感が出たり。
こんな時は、編み目の調子が崩れるので、編むのを控えています。


本来なら、私が子供たちにやってあげなければいけない事すらもこなせない。
学校のお便りの整理。特別な持ち物の準備。宿題のお手伝い。夕食の準備や家事。習い事の送り迎え…。
できる日とできない日、帰宅の遅い主人を頼る日、自分たちで頑張ってもらう日・・・。

「ごめんね」

その言葉に対して、
「片付けも掃除も洗濯物も料理も、今のうちからやってないと大人になってから急にできない。自分の事だから、自分でやって当たり前。全部自分たちでできる事だから大丈夫」 という息子の言葉に驚きました。


また別の時、「お母さんなんて、どうせ何もできない」 と言われた事もあります。

今までどんな思いで育ててきたか・・・。
最初は腹も立ちましたが、実際に何もできない私。
「妹たちはお母さんに頼りすぎてるだけだ」 という意味だったそうです。
そして私は、ちっぽけな存在にすぎない。
だから、自分で決めた「〇〇しなきゃ」は、やってもやらなくても誰にも迷惑が掛からない。
おかしいかもしれませんが、さり気なく放った息子の言葉に、気持ちがとても楽になりました。


医大に通院した頃を思えば、かなり体調も良くなったような気がします。
体重も、1年かけて2キロ近く増えました。活動時間はかなり少ないですが、動ける日も増えました。
すぐに止めてはいけない薬が2つあり、薬の調整をしながらの生活はまだまだ続きます。
治るとしても、10年は投薬治療が必要なのだそうです。

今まで、「それが私」「こんなもん」と思っていましたが、
『いつはじけてもおかしくない病気を抱えている事を自覚するように』
『今まで20年間、耐えてきてただけで警告サインはずっと出ていたんですよ』との事。

正直なところ、あちこちに体の不調が常にある時点で自覚ゼロではなかったんです。
だけど、休める状態ではなかった。
「限界なんてとっくに超えてます!!」そう訴え続けながら、
無理をして、脱力して、泣いて、叫んで、怒って、頭を下げて…。
どれだけ辛くても苦しくても、無理をしてでも。母の私は強い。
だけど、私自身はすごくもろい。

そう主治医に伝えたら、『この状態で耐え忍んでつないできた事の方が奇跡ですよ』
と笑われてしまいました。


支えて理解をしてくれる家族に感謝。
心配して顔を見に来てくれた友人に感謝。
HanahanDの作品を大切にしてくださっているお客様に感謝です。


体重が36キロだった為、もっと病的な感じを想像していたそうで…。
数年ぶりに会った友人たちからは、『元気そうで良かった』 と言ってもらっています^^

今年も、無理せずマイペースで製作・販売活動をさせて頂こうと思います。
「仕事とプライベートは別!」が信念ですので、お気遣いなく、今まで通りお付き合いをお願いします。
ゆっくり更新になると思いますが、
発送は変わらず、当日から翌日に行いますのでご安心ください^^

新年のご挨拶、番外編。
長文を最後までお読みいただきありがとうございました☆



「作品を見てみたい」と思ったら、こちら
HanahanD Online Shop
➡ https://hanahand.thebase.in/


新作や更新のお知らせは、インスタグラムが便利です♪
HanahanDのページはこちら
hanahand_hana
➡ https://www.instagram.com/hanahand_hana


ラインのお友達登録は
@hanahand で検索してください☆

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hanahand.jp/tb.php/1385-4c5e4503
該当の記事は見つかりませんでした。